2009年11月28日

ふうの牙、二回目の抜歯

ポット上のふうこふうの右上の牙がどうなっているか、動物病院で調べてもらいました。



やはり折れていて、残った根元を抜く必要があるとのこと。
折れた理由は判らない。
最近はキャットタワーにも登っていないようだ。前みたいにキャットタワー上で寝てて落ちた、ということはない。

すると考えられるのは、ねねちゃんのような他所の猫に興奮して窓ガラスか何かにぶつけて折ったのだろうか?
窓ガラスが何ともないのが不可解だが、そんなことで牙って折れるのだろうか?

前回同様、全身麻酔で・・・リスクがあるそうだ。
心配だが、やるしかない。
飼い主の中には腫れたり、異常が起きるまでは放置しておく、という選択をする人もいるようだ。

だが、同じ抜くならトラブルが起きる前に抜いた方が良くないだろうか?
もっとも、全身麻酔のリスクを伴うので、確たることは言えないが。




「ふうの牙、二回目の抜歯」にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔