2009年11月17日

足関節技とガード

月曜、木内とグラップリングのスパー。
どうしても同パターンでフィニッシュされてしまう。



記憶が曖昧なのでちょっと自信ないが、真似をしてみる。
結果、いくつかの手口が判ると共に、自分も使えるようになる。
(木内が使っている方法と同じかは判らないけどさ。)

個人的には足関節技もガードから安全に仕掛けられるようになるべきだと思う。
昔は飛び道具的に言われていた事もあったが、今はそうじゃないと思う。

クロスガードからいくつかの工数を経て腕十字を仕掛けるように、足関節技も適切なガードから着実にステップを踏んで極めることが出来るようになると思う。(私がもっともっと練習すれば!)

ルールによる制限をなくせば、必要が生じて対応する為の技術が向上する。
怪我は防がれるべきだが、競技というか種目全体としての進歩の可能性も忘れるべきじゃないと思う。
両立させるのが理想よね。

ところで体重やばいよ。
今週あまり練習行けないよ。
どうしよう???

「足関節技とガード」にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔