2009年05月18日

ウインドサーフィン9回目・慣れてきた

「気の開発メソッド初級編」を読んで以来、はなが愛想いいんだが・・・気のせいだよな?あれ?

練習回数が10回になったら別ブログを立ち上げようかな?



今回は矢作川。
快晴。風はそんなに強過ぎず、初心者には嬉しい限り。
気温25℃くらい?風邪気味なのでドライスーツ、泥による靴擦れ対策にサーフブーツ。
結果的には最適だった。

今回は
・アップホールラインを掴んでボードを回す。
・アップホールラインを掴んでセイルを回す。
後はタックとジャイブを練習しようと思っていた。

ボードは回せたもののセイルはよく判らなかったのでやめといた。
タックとジャイブの練習はちょこっとしかしなかった。

ビーチスタートの真似をしてみたが、予習不足で全く出来ず。
ボードを風下側、自分は風上を背にして立ち、ブームを掴んでセイルを引き上げる。マストが風上に向くように。
予備知識が少ししかないので適当にやっていたが、ノーズが風上を向いてボードが自分の真横に来てしまう。
他の人のを眺めているとかなり違うんだなあ。

スターボード側に立ってのコントロールに今日も苦心したが、3時間程経つ頃にはポート側に立った時との相違点が何となく判って来た。
ベア操作しているつもりなのにラフしていく・・・と数十分悩んでいたが、よくよく見たらベアしているつもりなだけで、実はそんなにセイルが傾いてなかったことに気付く。

極力ブームにぶら下がるよう、柔術でいわゆる「ベース」を保ってセイルを扱うように頑張ってみた。両腕は基本的に伸ばしたままなので、膝等で何とかするのだ。

まあまあ面白かった。
けど終わるとグッタリするね。歳のせい?
今日は早く寝たいよ・・・。


ウインドサーフィン・ベイシック・ブック (ウィンドサーフィンテクニックシリーズ)ウインドサーフィン・ベイシック・ブック

おっと何じゃこりゃ。
読んでみたいよ。


「ウインドサーフィン9回目・慣れてきた」にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔