2008年10月05日

フラビオ・カントすげえ!



世界柔道団体選手権をやってたのを途中から観ました。
アテネ五輪の銅メダリスト、フラビオ・カントの試合の途中からだった。
しまった!




結局フラビオ・カントが3回、加藤が1回攻撃を仕掛けて3回目に極まったという試合内容。
1分30秒くらいなんだよね。

開始15秒のは簡単に防がれたけど、45秒あたりの腕十字はかっこよかった。
最初も後も同じように引き込み十字狙ってたと思う。
立ち上がったら柔道だと待てが掛かるけど、本当は立つのってやばいよな。

待ての後でアナウンサーが喋った直後、井上康生が「こわー」って言ってるような・・・?

その後の加藤の朽木倒しっぽいのをカントはうつ伏せで逃げるんだけど、ここから前転して加藤の足を掴んでコントロールすげえ。
なぜか待てが掛かるが、掛からなかったらバック取れてたかも?

そしてフラビオ・カント最後の攻撃、内股で崩してバックを奪い、最初はチョーク狙い?すぐに腕十字に切り替え。これは金曜のレッスンでやった奴やね。

かっこいい!
フラビオ・カントはいくつなんだろ?
後で聞いたんだけど、この後出てたレオナルド・レイテっていうのがレオ・レイチなんだって。



古賀稔彦の一本で勝つ柔道[DVD付き]古賀稔彦の一本で勝つ柔道
DVDが付いてる解説書。評判いい。

第1章 一本背負い投げ奥義12+1/背負い投げ 奥義7+1
第2章 袖釣り込み腰/小内巻き込み/巴投げ/腰車/大外刈り/体落とし/背負い落とし/大内刈り/払い腰/内股

なんか背負い投げとその他、って感じやね。


「フラビオ・カントすげえ!」へのコメント

1. Posted by 股右衛門(単身赴任)   2008年10月22日 00:12
フラビオ・カントSUGEEEEEEE!!!
しかし、世界柔道のように一般の人からも注目が集まる
舞台で、こういう攻防が見れると思わず嬉しくなりますね。
2. Posted by 佐ト   2008年10月24日 01:14
股右衛門さん、単身赴任中だったんですか!?
だから最近お見かけしなかった訳ですね。
いつ頃戻って来られるんですか?

柔道の国際大会とかがあると、ついついブラジル人の選手を探してしまいますよ。
でも、柔術やってるヒトは思ったより少ないみたいですね。

「フラビオ・カントすげえ!」にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔