2008年09月12日

刺客請負人が終わっちゃった・・・

我が家の闇猫・おはな

前に密命・寒月霞斬りについて書いた時は、正直そんなに期待してないみたいなことを書いたが、アホやった。
刺客請負人、めっちゃ面白かった。第1シリーズ観てないのが悔やまれる。

テレビ愛知の時代劇にハズレ無し。
今のところ。



若村真由美という女優さんについては新興宗教の教祖の嫁さんという知識しかなかったが、メチャメチャかっこよかった。
闇猫のお吉」という名前だけでおなかいっぱいだ。

結構ドラマとか出ているようなので、知らない間に観ているのかも知れない。

村上弘明も結構観かけるのだが、デビュー作が仮面ライダー第6作目だというのは最近知った。

ストーリー的には主人公がなんでここまで強くなったのか、とか、
必殺技要素がなかったのがちょっと物足りなかったかな。

あと、闇法師?人衆も本田博太郎と綿引勝彦しか印象に残らなかったのが残念かな。
ストーリーにあまり絡まなかったしね。
エンディングもちょっとバッドエンドっぽいというか、続きそうな感じの終わり方なのだ。
ブルースリーの映画をちょっと思い出したよ。

そうして考えるとロマンシング・サガ2とかはいろんな要素てんこ盛りで凄い作品だと思う。
戦闘中に必殺技閃いたり、七英雄って敵役がちゃんとストーリーに絡んでたり。
・・・時代劇と比べるのが間違ってるかも知れんが。

次の「逃亡者おりん」は我が家の奥様が時代劇を見るきっかけになった番組。
かなり期待している。



刺客請負人の原作小説

「許嫁を藩主に奪われ、故郷を追われ江戸に流れ着いた浪人松葉刑部
人呼んで「病葉」刑部。
元禄バブルの時代に侍の魂を捨てきれない刑部が、その豪剣の腕を買われて始めた稼業は、刺客請負人!」


「刺客請負人が終わっちゃった・・・」にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔