2008年05月05日

ヒクソン杯に行って来たよ

ヒクソン杯・アダルト茶メジオ・トーナメント表(書き換え前)

JJFJ主催のヒクソン杯に出場しました。
茶メジオと茶アブソルート、ともにアダルトクラスでエントリー。

減量は楽だった。
前のグラップリングツアーで落したのを楽に維持出来た。
多分、ヨーグルト+寒天がモノを言ったのだと思う。
ドカ喰いこそしなかったが、前々日にラーメン食べたりしてたのだ。

そんな訳で体力的にはなんにも心配はしなかった。





開会式は昼からだったがそこで隣のGSBの加藤さんから
ドクターがいないと聞いた時には驚いた。
プレゼンター?のおねいさんは3人もいるのに
ドクターが一人もいないなんて!
(主催者的には間違ってると思うが、
オトコとしては正しい選択かもしれん。)

(そんな綺麗処もブラジル国歌が流れると
ちゃんと立ち上がって聴いてた。徹底してますな。)

試合がアブソルートから始まったのにも驚いた。
なんも考えてないんかな?
まあ、逆に汗かいて個人的には減量には好都合だが、
ギを一着しか持ってない人には酷だったのでは?

そもそもメジオ級が始まるまでの間、
体重計を気にしながら水分摂るのはめんどくさいよ!


アブソはずっとクロスガードで戦った。
最近、クロスから腕十字や三角で攻めるパターンばっかり練習していたので
試合もそうなっちゃったんだな。
ディフェンシブと言えばそうなんだけど、
まだオープンでなんとかする自信はないのだ。

腕を流す、脚を取る、スイープする、ヒップスローを決める
というのをテーマに頑張っていたけど、
あまり上手くいかなかった。

緒戦はスパイダーの攻略にクロスに引き込むのを選択してしまった。
パス出来るようになりたいな。
クロンはスパイダーを外したらいきなりパスしてしまうようだ。
(見てないが。)

三角絞めも相手の頭を引く細かいコツが間違っていたようだ。
膝ごと引いてちゃいけなかったみたい。
またチャゴに抜かれてしまった。これもいつものパターン。

アブソ二戦目、二重絡みから股の下を潜ってのリバーサル?は
まあまあ良かった。

でも脚を取って仰向けに倒すのに悉く失敗したのは良くなかった。
イマイチ相手のベースを取っている腕をコントロールするのに
失敗してしまっていた。

チャゴとやった時もクロスに入れた。
アンクル取られた時に足を引き抜きながら場外に出てしまったが
ホントはアウトだよな?
場外間際で引き抜けたからセーフだったのかな?

三角、かなり締め付けたつもりだったのに頭を抜かれてしまった。
かと言って、こういうのはどうやって練習したらいいんだろ?
チャゴほどタフなメンバーってウチにはいないぞ。
抜かれるのを見越してオモプラッタとかゴゴプラッタにスイッチとか?

でも、いろいろ試せて面白かった。
まだまだ全然目標とするスタイルでも展開でもないけれど、
目標を目指すステップにはなったと思う。

もっと試合をこなすうちに、もうちょっとマシになってくると思う。
とりあえず、もっと出稽古に行ってみようかな。

こうしていろいろ考えるきっかけを作ったり、
改善点をたくさん見つけることが出来るのは試合だけだと思う。
今回はクロンと当たれたらいいなあ、というのが目標だったが
そのせいかまったく緊張しなかったし、勝敗にもそんなに拘らなかった。

でも負けるのは面白くないよな。
結果的には目標も果たせなかったし・・・。

まだまだアダルトのメジオで頑張ろうと思う。
でもドゥマウはお休みしようかな?
出たいんだけど、さすがにお金が・・・。
来月はグラップリングツアーの二戦目もあるしね。

「ヒクソン杯に行って来たよ」にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔