2008年01月26日

菊地秀行著の猫絵本「ニャンコ、戦争へ」

ニャンコ、戦争へ菊池秀行

柔術ネコねこ日記の右下にamzlshを置いてあって、
これが自動的にブログの文章からキーワードを判定して
それにマッチしたアイテムを出すんだけど、
これがなかなか面白い。

たまにアダルト系の書籍を出してくるのが玉に瑕だけどさ。

今回は「ニャンコ、戦争へ」に目が留まった。
何に惹かれたかって、中学生時分だったかな?弟がよく買ってきた
「バンパイアハンターD」の著者、菊地秀行が書いてるのだ。

しかもこれ、大人向けの絵本なんだって!




最初に弟が買って来た菊池秀行関連の本は、多分「魔界都市ハンター」だったと思う。

菊池秀行・魔界都市ハンター魔界都市ハンター


かなり面白くって、(その割には結末を知らないが・・・)弟はさらに小説を買ってくるに至った。
それがバンパイアハンターDシリーズ。これって完結してるんだろうか?

吸血鬼ハンター“D” 新版 (朝日文庫 き 18-1 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 1)バンパイアハンターD

で、「ニャンコ、戦争へ」は、猫好きにはちょっとつらい内容みたい。
表紙を見る限り、絵がイマイチだなあ。
でも、凄く読んでみたい本の一つだったりする。

・・・なんか、太平洋戦争中に民間から意味もなくペットを集めて・・・
って話を思い出したよ。あれ、実話なのかな?
本当の話なら最悪だね・・・。


ニャンコ、戦争へニャンコ、戦争へ
菊地 秀行

夢幻世界の誘惑 菊地秀行全仕事 (一迅社ビジュアルBOOKシリーズ) 魔界都市ブルース 幻舞の章 D-魔道衆 吸血鬼ハンター19

by G-Tools



「菊地秀行著の猫絵本「ニャンコ、戦争へ」」にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔