2007年10月13日

柔道を教えています。

NBJCのメンバー、ブルーノに柔道を教えてました。
中学生なんだよな?

今までにウチのクラブのメンバーで
これだけ柔道に興味を持ったのは、多分ブルーノだけだったと思う。

しかもアタクシの教え方運動神経が妙にいいので
教えたことがほぼ、すぐに出来る。

前回り捌きとタイミングだけ教えた。
前回り捌きって僕の教え方だとかなり重要なんだけど、
投げ技のサイトでは不人気コンテンツなんだよな。
そういやブルーノも目が回るって言ってたな。

好奇心って大事だよなあ。

ブルーノは背負い投げがお好きな模様。
レスリングでも背負い投げは結構使える。

「柔術でも使えますよね?」
って言うから
「引き込みがあるから、使いにくいよ。」
と現実の厳しさを教えてしまった。

でも、出来る・出来ないとか、柔術の試合では使いにくいとか、
そういうグダグダしたことを考えないで、
とりあえず面白そうだからやってみるという、
ブルーノの姿勢は大好きです。

「面白いからやってみる」
っていうのがとっても大事だよね。
そのブルーノの好奇心に応えられるだけの技術がないのが
少し淋しい35歳の秋であった。

「柔道を教えています。」にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔