2007年09月15日

世界柔道で鈴木桂治選手と井上康生選手が負けてしまいました・・・。

実は「女帝」の最終回を録画してて
世界柔道は観ていません。

で、妻に鈴木選手の様子だけ聞いて、
ポータルサイトのニュースで世界柔道の100kg級と100kg超級の様子を読みました。

鈴木選手に下された判定はむかつきますね。

mixiでも日記検索をかけてみたんですが、最初にヒットした日記が結構興味深かったなあ。

曰く、
「格闘技的に考えたら最後に背中をついた方が不利になる。」

僕も、柔術の試合でやっとこさっとこ相手を内股で投げて、
投げたはいいものの、相手を巻いて結局下になってしまい、
往生こいたことがありました。

でもまあ、格闘技的に下のポジションが不利だからって、
柔道の試合でそれを言ったトコで、
最初からルールが違うから仕方ないですけどね。
「そんなルールなら最初に言ってよ!」と。

あれ?
だとすると日本選手団の知らないウチに
ルールっつうか判定基準が変わってたとか???

前に福住柔術のページ
ブラジリアン柔術とは−柔道と柔術の違い
にも書いたけど、
柔道って審判に投げ技の技術の優劣を判定してもらう競技なんですよね。

仕方ないんだよね。
そういうスポーツなんだから。
ある意味、フィギュアスケートとかシンクロとかの世界?

そのルールが不服なら、
審判の判定が介入する度合いの少ない、
柔道によく似たそれはそれは面白い競技がありまっせ・・・。

「世界柔道で鈴木桂治選手と井上康生選手が負けてしまいました・・・。」にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔