2007年08月22日

柔術が目に見えて強くなる簡単tips-04

今日は嬉しいことがあったよー!
藤井君相手にタックルが成功したのだ☆
僕のタックルは闘魂が不足してるから、スルンと後に回るイマイチ男らしくないヤツなんだけどね。

本職にタックル決めるなんて、マグレにしても一定レベルに達したということで、自分で自分を褒めてやることにしたのだ!


以上、チラシの裏日記でした。


さて、今回のtipsは・・・「チームメイトが先生に質問してる時は、近くに行って一緒に聞いちゃう。」

このシリーズ、中学生時代に覚えたことばっかりな気がするよ・・・。

まあいいや。
これを心掛けると知識が深まるのはもちろん、先生との心理的な距離も縮まるんだよね。
先生にはいつでも気兼ねなく質問出来るような人間関係を作っておくのがベスト!

先生だっていつも質問しに来る子のことは、お気に入りに違いないのだ!
先生と仲良くなることはあっても「うぜえ」と思われることはまず無いと思うよ。

・・・ちっとも覚えてくれないと、先生もちょっぴり悲しくなるのかも知れんが・・・。

「柔術が目に見えて強くなる簡単tips-04」にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔